• 平成27年10月 「旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」に添った安全講習 平成27年11月 6日
    本社営業所安全研修     (10月)
    10月21日(水) 6名
    ○踏切で路面凍結している時、一時停止及び踏切待ちの時スリップして発進
    できなくなるときがある
    ○発煙筒はどのタイミングで使用したらよいか
     
    10月22日(木) 6名
    ○身の危険を感じたら社内のドイブレコーダーのボタンを押す
    ○社内で異常な会話などの時はマイクのスイッチを4回、5回押す
    ○つり銭以外は大金を所持しないほうが良い
    ○踏切内が斜めの所は渡りにくい
    ○踏切内で子供や自転車がいる場合は注意
    ○踏切を抜ける時、警報機が鳴ってあせった
    ○踏切事故のDVDを見て再認識した
     
    10月24日(土) 3名
    ○パイレーツなどのお客様を迎えに行くときはキーを抜いて行く
    ○刃物など危険な物を出されたら、まず逃げる
    ○FR車は初めてなのですこし不安
    ○踏切に入る時は、先の車が渋滞していないか確認して入る
     
    10月26日(月)  4名
    ○深夜、お客様が眠ってしまい降ろすまでたいへんだった
    ○踏切内で遮断機が降り、近くにいた人に遮断機を上げてもらい助かった
     
    10月28日(水) 4名
    ○夜、飲食店お迎えの時、通りがかりの酔っ払いに当車のドアをけられた
    ○夜、踏切内で無灯火の自転車とすれ違い危なかった
    ○夕暮れの早め点灯を徹底する
     
     
     
     
     
    安全講習 (10月) (大宮営業所)2015.10.21~10.30
    <意見交換>
    ○踏切に入る時に注意すべき点を再確認出来て良かった。
    ○警報機が鳴っても、遮断棒はすぐに下りて来ないので、落ちついて。
    ○「ギアチェンジしないで通過すること」は、忘れていた。
    ○「踏切の真ん中を走行する」は、皆やっていないことである。
    ○事故の賠償金大きい。車輛保険で落ちるのか。非常ボタン押して列車止めたら請求来るのか。発煙筒など衝突回避の努力したら賠償金額の軽減あるのか。
    (危険回避のために非常ボタンを押しても請求は来ない。特急列車を1時間止めると料金払い戻しになる)
    ○警報機が鳴ったら、絶対無理して入らないようにしている。
    ○「踏切の直前では窓を開ける」は、忘れていた。冬場は特に開けるクセを。
    ○観音寺街道踏切は、ロウギアで一気に行くのは無理ではないか。
    ○観音寺街道踏切で前の老夫婦のボンネットに遮断棒が降りて、上げてやった。
    ○浜田踏切(二中)内で対向車線に入り、すぐ側道に右折するのは違反なのか。
    ○浜田踏切は、冬はタイヤが滑り恐い思いをする。
    ○昔、遮断棒で挟まれたことがあり、たまたまいた線路作業員が上げてくれた。
    ○第一元泉踏切が、ガタガタするのは改良しないのか。専用車の時も困ってる。
    ○踏切が上がって自転車や歩行者も来る時は気を使う。もっと踏切の幅が広くならないものか。脱輪するのが恐い。
    ○第二大町踏切は、坂になってるし、見通しも悪く、どっちが先に入るか優先順位あるのか。冬は途中で止まったら動かないので一気に渡っている。
    ○第二大町踏切は、狭く嫌なので客に言われても断ってる。(タクシーは遠回り出来ないし、最短距離の原則から行かないとだめだろう。)
    ○かまぼこ型の踏切事故ってまだあるのだ。
    ○警報機の音って途中でトーンが低くなる気がするが、どうだろうか。
     
      市内の踏切の名称/ 観音寺街道踏切(浜田)  第一元泉踏切(東泉)
               浜田踏切(二中) 第二大町踏切(新橋、北村の)
               勝保踏切 熊手島踏切 小牧踏切 など
                他に臨港線に7か所(大浜~千日町)
     
     
     
    社員安全研修 酒田第一タクシー 遊佐営業所 平成27年10月19日~26日
    旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針に添った計画の完全実施
    10月 ◎健康管理の重要性
        ・睡眠時間が充分取れているだろうか
        ・健康診断と医師の診断で健康維持を
        ・年齢と共に、多く受診
       ◎DVDによる交通安全意識高揚を図る <踏切事故防止>
        ・一旦停止 ・左右確認 ・窓を開けて音の確認 
    ・通過までギアチェンジをしない 
    ・一人一人がマナーを守って確認する。
       ◎防犯、社内ルールの再検証
        ・身の危険を感じたら車内ドラブレコーダーボタンを押す
        ・車内で異常が起こったら、マイクのスイッチを数回押す
        ・身の安全が最優先
       ◎意見交換
        ・遊佐の踏切は、狭い箇所が多いので、譲り合いの気持ちで通過する。
        ・冬期間通行止めになる踏切を事前に確認する。
        ・湯の田踏切、滝の浦踏切は冬期間充分注意する。
     
  • 〒998-0828 山形県酒田市あきほ町651-4
    TEL:0234-22-9444 FAX:0234-22-9445
  • Copyright All Rights Reserved. このサイトに記載している記事、写真等あらゆる情報の無断複製・転載を禁じます。