• 第6回 安全マネジメント会議 平成19年 6月21日
    1.安全総括管理者より「安全マネージメントの説明」
     
    2.主な意見
    ①たとえば、信号待ちで左側に自転車が停車して、普通だったら自転車から降りるときは左に下りて待つのだろけど、その人は右に降りて危なく車に接触しそうになった。そのような経験から自転車のそばには近づきたくないし、できるだけ距離を置いて行動するようにしている。
     
    ②特に夜、雨が降っているとき、安易にバックをしないようにしている。 少々自分がぬれても一度外に出て後ろを確認してからバックすべきだ。
     
    ③公園からサッカーボールが転がってきて、ブレーキをかけ、絵に描いたように子どもが飛び出してきた。 気をつけたい。 だろうでなく、「予測の力」が大切だと思う。
     
    ④運転席後ろの座席から自分でドアを開けて降りる人がいる。 気をつけたい。
     
    ⑤交差点に入る直前からブレーキぺダルに足をのせることを心がけている。 特に交差点を曲がるときにアクセルを踏むドライバーがいるが、考えられない。
     
    ⑥車のライトは下向きのときには対向車への配慮もあり、少し左側を照らしているので、暗闇となる右側から来る自転車・歩行者が分からない。 理屈上・構造上しょうがないけど、その分右側を意識する必要がある。
     
  • 〒998-0828 山形県酒田市あきほ町651-4
    TEL:0234-22-9444 FAX:0234-22-9445
  • Copyright All Rights Reserved. このサイトに記載している記事、写真等あらゆる情報の無断複製・転載を禁じます。